Q&A

物忘れと認知症はどう違うのですか?
普通の物忘れは、例えば「うっかり約束の時間を忘れてしまう。」「印鑑をどこにしまったか忘れてしまい、探している。」などです。 認知症の症状による物忘れは、約束した「そのこと自体」を忘れたり、印鑑をしまった「そのこと自体」を忘れたりすることです。
認知症は治りませんか?
正常圧水頭症や、慢性硬膜下血腫、甲状腺機能低下症といったように認知症を引き起こす病気には、早めの治療で改善できるものもあります。
その他の認知症も完治することができなくても、治療やケアを行うことで進行の速度を遅くしたり、出ている症状を軽減させたりすることは出来ます。
また、認知症の症状が少しでもおさまれば、ご本人の生活が良くなるだけでなく、介護している方の負担も軽く出来ます。
早めにご相談ください。
紹介状がなくても受診できますか?
当院では紹介状なしでも初診を受け付けております。かかりつけ医(近くの内科医など)がいらっしゃる場合は、そちらをまず受診し、紹介状を書いていただいた上で、当センターへ来院予約のお電話をください。
介護疲れしています。父が認知症と診断されていますが、入院させることはできますか?
認知症の中心となる症状(物忘れ)よりも、認知症に伴う行動障害と精神症状(徘徊・攻撃・暴言・暴力・拒絶等)でお困りのご家族・介護者の方はたくさんいらっしゃると思います。 入院治療が必要かどうかは、外来を受診していただいたのちに医師の診察結果によって決まりますが、入院しなくても外来通院治療でお薬を飲むことで、症状が治まることも多々あります。
まずはお気軽にお電話ください。
病院に長期療養入院することはできますか。
当院では、おおむね3ヶ月以内を一つの目安として、早期症状安定を目指し多職種からなるチーム医療で質の高い医療を行なっています。3ヶ月を超える入院療養が必要と医師が判断した場合は、症状に見合った病棟にて継続治療を行いますが、長期を前提とした受け入れは原則行っておりません。
退院後にご自宅での介護が難しい場合は、地域の保健、医療、介護機関と連携を図りながらサポートいたします。