透析室

透析室は、当院CKD(慢性腎臓病)外来との連携を行い、透析の導入から維持透析まで行なっております。
現在、我が国でも透析治療を受けている方々は30万人超と言われております。なかでも透析導入年齢の高齢化に伴い、認知症を合併する患者さんが増加しており、安全な治療提供といった課題が山積しています。
当院は、精神科病院が母体であり、認知症医療センターを併設していることから、精神科疾患を有する方や、認知症の方々の治療を平衡して行うことが可能です。このような病院の特性を生かし、患者様の治療が安全かつ安心して行えるよう日々、研鑽しています。
開設時は、20床からのスタートですが、将来的には40床までの増床を計画し、地域医療への貢献と生活習慣病センターにおける役割を果たしていきたいと考えております。

透析室内

透析ベッド