理学療法室

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。理学療法の直接的な目的は運動機能の回復にありますが、日常生活動作(ADL)の改善を図り、最終的には生活の質(QOL)の向上を目指します。
当院では内科外来/腎・生活習慣病センターにて糖尿病、高血圧、肥満、脂質異常症、慢性腎臓病、運動器疾患などの患者様に運動指導を行っております。また、内科疾患や運動器疾患、高齢、認知症などにより筋力や基本動作・歩行能力、日常生活動作能力が低下し入院となった患者様、あるいは入院中にそれらの状態に陥った患者様に対し、運動療法を行っております。